ママ活のリスク

ママ活の危険性

ママ活は知らない人同士が出会うので、当然のことながら一定のリスクが伴います。

トラブルは男女どちらにとっても起こり得ることと理解し、対策をしておくことが必要です。

そこで、ママ活にどのようなリスクがあるのか予め理解しておくことから始めましょう。

 

■ ママ活のリスク ■

今回はママ活してもらう男性側のリスクについてまとめてみます。

 

01,待ち合わせしたら女性ではなく男性が来た。
02,既婚者と交際をしたら旦那さんにバレてトラブルに。
03,ママとLINEやメールアドレスの連絡先交換をしたら迷惑メールが来るようになった。
04,仲良くなりすぎて関係を辞めさせてもらえず自宅を特定されてトーカーされた。
05,「子供ができた」と言われた。
06,お金を貸したり、建て替えたけど返して貰えない。
07,その他

 

それではひとつずつ解説していきましょう。

 

01,待ち合わせしたら女性ではなく男性が来た。

 

TwitterなどのSNSでママ活をしていると、相手が本当に女性かどうかがわからないものです。

履歴やプロフィールに自撮り写真があったとしても、それが本人という保証はありませんし、他人の写真だったり海外のモデルの写真を合成したものなんてことも少なくありません。

 

「期待と不安に心躍らせ待ち合わせ場所に行ったはいいけど、来たのは40代のおじさんだった。」

そのような報告も各所で目にします。

待ち合わせしたら女性ではなく男性が来た。

イタズラや冷やかしの部類ならまだいいのかも知れませんが、男性が好きな男性からお金に困っているという弱みに付け込まれ、肉体関係を求められるということもあるとのこと。

最近の未成年のSNSトラブルでは男性が男子高校生と売春したという報道は数多くあります。

そういった事例が氷山の一角だということを考えれば、SNSでママ活をするリスクについてご認識いただけると思います。

 

また、最近では写真を扱うSNSは数多くありますので、生活感のある写真は探せばいくらでも見つけることができます。

少し知識のある人なら似たような人物の写真を使いまわして、別人化してもうひとりの人物を作り上げることすらできるでしょう。

 
その点、ママ活アプリ「ぬこペット」では、出会い系規制法に則り本人確認(身分証による年齢認証)を行いますので、そういったリスクも最小限に抑えられます。
 

※女性はスポンサー登録をする際、氏名から女性かどうかまで確認させていただきます。

男性と女性どちらにもいそうなお名前の方に関しては、お電話でご本人様確認をして「男性が紛れ込む」事のないよう細心の注意を払います。

 

02,既婚者と交際をしたら旦那さんにバレてトラブルに。

 

既婚者との交際は、不貞行為にあたる場合がございますのでトラブルになりやすいものでございます。

肉体関係を求められ渋々応じたところ、後日関係者から慰謝料を請求された。

というような、美人局(つつもたせ)の被害にあうことも考えられます。

 
既婚者とのママ活で「不貞行為」にあたらないようにするために、いくつかのテクニックがありますので覚えておきましょう。
 

①信頼関係のない相手とは肉体関係を持たない
→美味しい話には乗らない。少なくとも自分から誘わない。

②既婚者であるかどうかを詮索しない。
→相手が既婚者だということを知らなければ、慰謝料を請求されても無効となります。

③いざというときに相談できる人を用意する。
→ぬこペットでは、ユーザートラブルの際に相談を受ける専任の弁護士(有料)をご用意する予定です。

 

既婚者と交際をしたら旦那さんにバレてトラブルに。

※ぬこペットではママ活専用サービスという特性上、既婚者の女性からの需要は少なくありませんのでご登録は容認しております。

トラブルには十分ご注意いただけますと幸いです。

 

03,ママとLINEやメールアドレスの連絡先交換をしたら迷惑メールが来るようになった。

 

連絡先交換をしたところ、翌週から迷惑メール、出会い系の勧誘が頻繁に届くようになったという経験をお持ちの方は少なくないと思います。

 
金銭的に余裕のない状態や、精神的に追い込まれている人を狙った「詐欺や悪質な勧誘行為」が見受けられますので十分注意しておきましょう。
 

①迷惑メールが届くようになった。

②投資や資産運用の話を持ちかけられバイナリーオプションツールの販売をする方。

③ヨガサークルを語り宗教勧誘を持ちかけられた。

④マルチ商法、ネットワーク商法の勧誘を数十時間された。

など、連絡先を交換したことによるトラブルは少なくありません。

ママとLINEやメールアドレスの連絡先交換をしたら迷惑メールが来るようになった。

 

※連絡先交換は親密な関係になるには有効な手段ではありますが、個人情報を安易に伝えすぎない、相手を信用しすぎないというスタンスは必要です。

これはママ活に限ったことではありませんのでご留意くださいませ。

 

04,仲良くなりすぎて関係を辞めさせてもらえず自宅を特定されてトーカーされた。

 

はじめは興味本位でママ活を始める方が多くいらっしゃいます。

しかし、思いの外のめり込んでしまい自らをコントロールすることがムズかしくなるケースもございます。

男女の関係ですから十分に理解できることですし、双方にそのリスクは存在しますのでご自宅や勤務先などはお伝えすることはオススメできません。

学生でしたら学校名・学部ぐらいなら問題ありませんが、それにプラス本名が知られてしまうことは避けたいところであります。

 

※「ストーカーされても逃げ切れる範囲の情報しか渡さない」という距離感が最適化と思います。

銀行口座を教えてしまって、本名がバレたというケースもございますので注意が必要です。

 

05,「子供ができた」と言われた。

 

肉体関係を伴う関係になってしまうと当然起きるのが望まない妊娠などの問題です。

避妊をしたとしても100%保証できるものは現代の医学にはございません。

 

「今日は大丈夫」

「子供はできない体質」

「デキても旦那の子として育てる」

そのような申し出があっても、一時的な感情から出た言葉かも知れません。

 

「子供ができた」と言われた。

※トラブルを避けるためにも、ママ活では肉体関係は結ばない。

肉体関係になるのなら、個人交際・恋愛関係に発展した後からの方がよろしいかと存じます。

 

06,お金を貸したり、建て替えたけど返して貰えない。

 

ママ活において「お金」に関するトラブルは少なくありません。

「報酬がもらえなかった」というものから「お金を貸した(建て音替えた)が音信普通になってしまった」など、様々でございます。

 
このようなお金の問題は民事案件となりますので、警察も介入しにくいことから解決には多くの労力を必要とします。

金銭的問題は、失ったお金よりも回収するのに掛かるお金や労力の方が大きくなってしまうことが大半です。

 

※お金のトラブルにならないためには、「よく話し合って決める。」「過度な期待はしない。」「貸し借りは極力避ける。」などご自身で防衛していただくしかありません。

すべての方が自分の常識通りに行動するとは限りませんので、十分にご注意くださいませ。

 

07,その他

 

その他ですとお酒によるトラブル、喧嘩、盗難などのリスクが考えられるでしょう。

各事例を上げるとキリがないので割愛しますが、事前にある程度の想定をしておけばリスクは最小限に抑える事ができます。

 
ぬこペットでは、今後も快適で安全なママ活をできるよう情報発信をしてまいりますので、 最新情報 を定期的にチェックしていただけますと幸いです。
 
 

nuko取材・お問い合わせ



メディア取材、お問い合わせに関しましては下記のフォームよりご連絡くださいませ。

 

 

この情報を共有する↓